リゾートバイトで100万円を貯金するために気を付けるべき3つのこと

リゾートバイトは寮費・食費・光熱費が浮くためかなり貯金しやすい環境です。
とはいえ、リゾバ特有の罠に気を付けておかないとまったく貯金できずに地元に帰ることになります!

これまでリゾートバイトを8年続けてきましたが、ワーホリや学費を稼ぐためにリゾートバイトしにきたのに、目標金額までいかなくて結局親に出してもらった方を何度も見てきました。

サコタロー
リゾバって非日常なので思いもしなかった落とし穴にハマることも…

そこで今回は、

貯金のために初めてリゾートバイトに行く人
今まで何度かリゾバに行ったけど全然貯金できなかった人
に向けて以下の内容をお話ししていきます。
リゾートバイトで貯金できない人の特徴
リゾバで貯金をするために気を付けるべきこと
貯金ができない派遣先の特徴
貯金ができるリゾバ先の選び方

リゾートバイトで貯金できない人の特徴

8年のリゾートバイトを通してわかったリゾートバイトで貯金できない人の共通点を発見しました。
初めてリゾートバイトに行く方や今までで貯金ができたことがない方は、まずはこれに当てはまってないかチェックしてくださいね。
リゾバ前に自分を見つめなおしてみましょう。

貯金できないのはこんな人

  • めんどくさがりな人
  • 借金癖がある人
  • 余ったお金を貯蓄に回そうとする人

面倒くさがりなのが一番ヤバイ

上記の特徴の中で共通する性格はめんどくさがりな人です。めんどくさがりな人は自分を律することが苦手なので、誘惑に負けやすかったり、腰が重くて行動できないのが特徴。リゾートバイトで貯金をするにはしっかりとした目標設定が大事です。

借金癖がある人は「前払い」に注意

リゾートバイトの派遣会社には「前払い」制度があります。働いた給料の中から何割かを給料日前にいただける仕組みなんですが、これがやっかいです。借金癖のある人は前払いでその場をしのごうとするので、前払いループに陥ってしまいまったく貯金できずにいつまにか3ヶ月経ってしまった…となるケーズがあります。貯金したいのなら前払いはしないつもりでリゾートバイトに行きましょう。

余ったお金を貯蓄に回そうとする人は目標金額が貯まらない

最後に普通に生活して余った分を貯蓄に回そうという人ですが、この場合少しは貯金ができます。

ただ、目標金額の半分くらいしか貯まらなくて、結局もう一か所リゾートバイトに行くパターンの人が多かったです。

貯金も友達づくりもリゾバライフも楽しみたい!という人がやりがちなので、絶対に目標金額を貯めなきゃいけない方は貯金を最優先にしてしっかり目標を立てましょう。

リゾバで貯金をするために気を付けるべき3つのこと

貯金が失敗する原因は「自分を律しれない」こと。リゾートバイト先は普段と違う環境のため、普段の行動パターンと変わってしまう人が多いです。
いつもはできることもできなくなりやすいので、誘惑をなくす、面倒なことをなくすことおすすめします。

リゾバハイに振り回されない

リゾートバイトに行く前にワクワクする気持ち、わかります。いざ行ってみると同年代も多くて寮なので距離感も近く毎日のように顔を合わせるので、ものすごく仲良くなります。

リゾバ先で楽しいことづくめでハイになった状態が「リゾバハイ」状態。テンションの高い時は皆さん財布の紐が緩みがちです。

上の特徴に当てはまっている方だと、楽しいからいっか!と散財しだしてお金がなくなり前払いに走る…なんてこともあるので、仲良くするのはとってもいいことですが、なるべく外食を控えたり、宅飲みで済ませましょう。

観光地は飲食店の価格が高いのでお金が無くなるのが早いです。飲みに出かけるようになるとどんどん頻度が増えていくので、冷蔵庫にお酒をストックしておくと臨機応変に対応できます。

サコタロー
そもそもリゾバに来てる人は貯金目的の人だけじゃありません!遊びまくってる人に付き合い続けるとお金がなくなっちゃいます。

仕事がきつい場所を選ばない

リゾバハイ以外に多いのがきつい仕事のストレスから散々してしまうケース。人間、疲れていると判断能力が低下し自分を律しれなくなってしまいます。

調理補助やレストランホール、宴会場、仲居などのお仕事は残業が多く仕事自体もきついですし、人間関係に悩まされる人も少なくないので避けた方がいいです。

サコタロー
飲食系の求人は時給は高いけど、結局使っちゃったら意味ないです!
また、極力中抜けのない仕事を選びましょう。中抜けすると朝から晩まで働く感覚になるので休日に財布の紐が緩みまくります。
忙しい方が貯金できそうと思うかもしれませんが、観光地は誘惑の塊です。お金を使おうと思えばいくらでも使えちゃうのでご注意を。しかもホテルや旅館で働く人はギャンブル好きな人が多いので、付き合いでやるようになったら最悪です。

僻地や田舎を選ばない

リゾートバイト先に田舎やへき地を選ぶと、交通費が多めにかかりがちです。周りに何もないので、バスや電車を乗り継ぐしかなくなんだかんだ交通費がかかります。

また、現場の社員さんと仲良くなると、車を出してくれることがあります。簡単に繁華街に行けるようになりますが、単に日用品を買いたかったのが外食してしまったり、車出してもらってるしまとめ買いしようとか、不必要なものを衝動買いしてしまったりとかで散財しだすのでそもそも移動に不便な場所には行かないのは得策です。

山のリゾバや一部の温泉街は不便なことが多いので、有名な観光地や繁華街のリゾバにいくのがおすすめです。